Ellie's Bouquet

花に魅せられて

銀座 Ginza Six ギンザ シックス

東京メトロ・銀座駅で降り… 銀座3丁目「Canonサービスセンター銀座」へ
カメラセンサー清掃(1080円)は「あんしんメンテ」になり、3240円に値上がりしていました!
待ち時間で、6丁目まで歩きます。 

170710_Ginza-Wako.jpg

夏は浴衣でお祭り・花火ですね。

170710_Ginza-Window.jpg

銀座6丁目「GINZA SIX」(ギンザシックス)
松坂屋銀座店の跡地を含む土地に、2017年4月20日オープン 

170710_Ginza-Six.jpg

前衛芸術家 草間彌生の新作インスタレーション《南瓜》 (期間限定展示)
12個の赤い水玉のカボチャが♪

170710_Kusama-Yayoi_Pumpkin.jpg

B2F~5Fまでが店舗、6Fと13Fがレストラン、B3Fには「観世能楽堂」もあるそう。

4F「#0107 PLAZA オトナプラザ」 可愛い起き上がりこぼしが♪ 
福島県の伝統民芸品「起き上がり小法師」と、
「Barbapapa バーバパパ」フランスの絵本のキャラクターのコラボだそう。

170710_Barbapapa.jpg

RF 屋上庭園「GINZA SIX ガーデン」へ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑クリック有難うございます♪

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/14(金) 09:10:42|
  2. 風景_街歩き

Akasaka Palace 迎賓館赤坂離宮 前庭

東京都港区元赤坂「迎賓館赤坂離宮」
和風別館「游心亭」ガイドツアー → 主庭を通り「前庭」へ
本館正面側にも、アール・ヌーヴォー風のガラスの庇が♪

170623_Akasaka-Palace_Main-Building_1.jpg

緑青の屋根、花崗岩の外壁、重厚で華麗な宮殿は、フランスのヴェルサイユ宮殿やルーブル美術館、
イギリスのバッキンガム宮殿を参考に建てられたそうで、ヨーロッパにいるようです。  

170623_Akasaka-Palace_Main-Building_2.jpg

屋根には、対の鎧・兜の武士像が置かれています。
ファサードの日本の国章 菊花紋章の横にも左に鎧、右に兜が♪

170623_Geihinkan_Main-Building_Facade_2.jpg

天球儀と金色の4羽の霊鳥「鸞」(らん)   桐紋は「五七桐花紋」

170623_Geihinkan_Celestial-Globe.jpg

下がって撮っても、全体が撮れません… (前庭のみの参観は予約なし 入場無料)

170623_Akasaka-Palace_Front-Grden.jpg

西門から入場後 2時間掛かり疲れ果てで、ワゴンのカフェでお茶を♪
正門から前庭の中門までは220mもあるそうで、芝生に黒松も和洋折衷です。

170623_Akasaka-Palace_Main-Gate-Road.jpg

→ 正門から退場   次回は改修工事後の「朝日の間」参観に行きたいです。

迎賓館 Twitterを見たら、国宝の噴水が4日清掃されてブルーの綺麗な水に!

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑クリック有難うございます♪

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/06(木) 09:31:43|
  2. 風景_街歩き

Akasaka Palace 迎賓館赤坂離宮 和風別館

東京都港区元赤坂「迎賓館赤坂離宮」
主庭 東側のテントに15分前に集合し、ガイドツアー(45分程度)に出発です。
(1500円 1回定員20名 1日10回 計200名 申し込みページはこちら
本館 東側「和風別館」へ   係員の方がガイドして下さいます。
1975年5月 イギリスのエリザベス2世女王が植樹された「Oak Tree」ナラの木だそう。

170623_Queen-Elizabeth-II_Oak-Tree.jpg

「游心亭 ゆうしんてい」 (游心とは心を遊ばせること)
1974年昭和49年 迎賓館の大改修時に、国賓・公賓に「和のおもてなし」をする施設として
谷口吉郎の設計により新設

170623_Yushintei.jpg

池には錦鯉が沢山♪  田中角栄元首相に鯉がいなくて寂しいと言われ、池に鯉を入れ、
水深が浅かったので深く再工事をしたそう。 
窓を開け手を叩くと鯉が集まり、賓客が館内から餌やりを楽しまれるそうです。

170623_Yushintei_2.jpg

大きな楠?が♪ 南庭には紅白の梅の木を配した築山があり、梅の実が落ちていました。

170623_Yushintei_3.jpg

賓客が訪れた時に館内に飾る、盆栽が手入れされていて見事です。
樹齢約140年「五葉松根連」和外縁楕円鉢 と名札に

170623_Bonsai.jpg

(館内撮影×) 壁等触らないようにと…
青々とした孟宗竹に、京都の白川砂が敷き詰められた坪庭には、田中角栄元首相が寂しいと
貴船石が置かれたとの事… ドンの鶴の一声ですね。
掘り炬燵で和食をもてなす、47畳もの主和室、茶室もあり、癒しの空間でした。
係員の方の説明が興味深く楽しく、貴重な体験でした。
→ 前庭へ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑クリック有難うございます♪

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/05(水) 09:35:44|
  2. 風景_街歩き

Akasaka Palace 迎賓館赤坂離宮 主庭

東京都港区元赤坂「迎賓館赤坂離宮」
紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、東宮御所として建設
第二次世界大戦後、国立国会図書館などに使用された事もあるそうです。
本館」参観後 → 南側「主庭」へ
大きな噴水池が♪     ホテル・ニューオオタニが見えます。

170623_Geihinkan_Fountain_1.jpg

ネオ・バロック様式の宮殿とで美しい!

170623_Geihinkan_Fountain.jpg

伝説上の生物、4体のグリフォンは上半身に翼を持ち、下半身はライオンだそう。

170623_Fountain.jpg

ブロンズの亀も沢山♪

170623_Geihinkan_Fountain_3.jpg

6/23 梅雨で心配していましたが、青空と撮れて!

170623_Geihinkan_Fountain_2.jpg

主庭東側のテントに15分前に集合
→ 和風別館 游心亭へ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑クリック有難うございます♪

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/04(火) 09:33:01|
  2. 風景_街歩き

Akasaka Palace 迎賓館赤坂離宮 本館

東京メトロ・四ツ谷駅(JR赤坂口)で降り… 港区元赤坂「迎賓館赤坂離宮」へ
毎年夏に10日間一般公開でしたが、2016年平成28年4月19日~
観光先進国に向けた取組の一つとして、1年を通して可能な限り一般公開との事。
インドから申し込みページで「和風別館」(本館・主庭・前庭)コースを申し込み…
私の日は落選でしたが、友人が翌週当選! 4名で行ってきました。

美しい正門扉は、明治39年にパリのSchwartz & Meurer社から購入したものだそう。
→ 右へ西門から、セキュリティチェックを受けて入場します。
(前庭のみ参観は正門から 受付検査 入場自由・無料・申し込み不要)

170623_Geihinkan_Main-Gate.jpg

→ 本館参観へ(館内撮影×)
金箔の浮彫が美しい「彩鸞の間
公式晩餐会が催される「花鳥の間」 30枚の七宝焼きが美しい!
豪華なシャンデリアの「羽衣の間」  ボランティアの方々が説明して下さいます。
最も格式の高い「朝日の間」は天井絵画等の内装の改修工事の為、
平成29年2月~約2年間非公開予定だそうで残念でした。
→ 南側「主庭」へ

170623_Geihinkan_Main-Building.jpg

1909年明治42年 東宮御所として建設、国賓・公賓の宿泊等の接遇・おもてなしを行う施設として
1974年昭和49年 迎賓館赤坂離宮となる
2009年平成21年 明治以降の建築物として、初の国宝に指定

170623_Geihinkan_Main-Building_2.jpg

日本における唯一のネオ・バロック様式の洋風の宮殿建築だそうで美しい!
ファサードには日本の国章 菊花紋章が♪

170623_Geihinkan_Main-Building_Facade.jpg

東西の玄関の帆立貝のようなガラスの庇は、アメリカン・アール・ヌーヴォー風だそう。

170623_Main-Building_Glass-Eaves.jpg

東側と西側に美しい緑青色のドームが♪ 何か似ていると思ったら…

170623_Main-Building_Dome.jpg

(2012年撮影)上野「東京国立博物館 表慶館」(1909年明治42年開館 重要文化財) 
両方とも、ジョサイア・コンドルの弟子で宮廷建築家の片山東熊の設計でした。

20120405_Hyokeikan.jpg

→「主庭」噴水広場へ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑クリック有難うございます♪

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/03(月) 09:45:15|
  2. 風景_街歩き
次のページ

ご訪問有難うございます♪

Ellie

Author:Ellie
2015年11月~
インド・ムンバイと日本を
行き来しています

FC2Blogランキング

応援クリックをお願いします!

にほんブログ村

クリック有難うございます♪  


 

Clock Link

FC2カウンター

カテゴリー

PhotoBlog リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

QRコード

QRコード

月別アーカイブ

Mail

お名前:
メールアドレス:
件名:
本文: